Find us on Facebook Follow us on Tiwtter Subscribe Feed

国産スマホにしては珍しい大容量バッテリー搭載モデル「SONY Xperia 1 Ⅲ」

"ゲーミングスマホとしても評価されている「SONY Xperia 1 Ⅲ」ですが、数々の優良な特徴があるためSONY Xperia 1 Ⅲが人気であることにも納得できます。 SONY Xperia 1 Ⅲは、「21:9の縦長ディスプレイ」が採用されているスマートフォンなのですが、今では多くの最新モデルが、SONY Xperia 1 Ⅲのようなデザインになってきました。それほどSONY Xperia 1 Ⅲは売れ筋のスマートフォンとして有名で、縦長のディスプレイはゲームそのものの臨場感を上げてくれますし、なによりSONY Xperia 1 ⅢはXperiaシリーズとして「サウンド性能も高い」のです。 また、SONY Xperia 1 Ⅲのような縦長ディスプレイを使用してゲームをプレイされる場合、「攻略サイトと画面を切り替えながら遊ぶ」ことが可能です。最新のスマートフォンではマルチウィンドウと呼ばれているシステムなのですが、スマートフォンによってはスマートフォンのサイズが6インチ以下となっているため、画面が小さすぎるケースもあるので注意してください。 このように、SONY Xperia 1 ⅢにはSONY Xperia 1 Ⅲにしかない機能があるため人気です。 そのほかでは、SONY ... More »

top bar
bottom bar

インスタのARエフェクト「Spark AR」を活用する企業が増えている!

"実際の写真にエフェクトをかけて加工できる技術「ARフィルター」は、写真アプリのSNOWやFacebook、Instagramなど様々なSNSでの活用の場が増えています。今やAR技術はリアルとの差が感じられないほど進化を続けているのです。特にインスタグラムのARフィルターである「Spark AR」は企業で活用する事例も多いです。ここではインスタグラムのARフィルター「Spark AR」についてまとめてみましょう。 【インスタグラムのARフィルター「Spark AR」とは?】 インスタグラムのARフィルターであるSpark ARは、スマホやタブレット端末からアプリのカメラ機能を使うことで、自分の顔や背景が加工され様々な表現ができます。例えばカメラに写った顔・輪郭・体のパーツを自動認識して、数ある種類の中から好みのフィルターで加工すると、頭に猫耳を付けたり、メイクアップしたりすることができます。また輪郭や体のラインを識別して、背景を変えることもできるのです。このAR技術は静止画だけではなく、動画の撮影も可能なのが特徴の1つ。インスタグラムでは2019年からこのSpark ARの利用が開始され、プロモーションやトライアルなど様々なアプローチを開始しています。 【Spark ARの活用】 Spark ARを活用すると、アプリ内のカメラを通して映像にARエフェクトをかけ、加工を楽しむことができます。それによってユーザーが自分も投稿してみたい!という気持ちになり、投稿数が増えることで拡散につながるでしょう。 またSpark ARの魅力は広告っぽくないところがメリットです。いかにも広告らしい広告に関しては、ユーザーからの好感度は低いです。しかしARフィルターであれば遊び心があるので、広告であっても1つの加工写真として自然に投稿することができるため、ユーザーの抵抗感は少ないでしょう。過剰に広告を出すとブランドイメージ低下につながるリスクがありますが、自然に広告に触れることでブランドイメージを保ったままプロモーションを行いやすくなります。 【インスタのSpark ARを活用した企業の事例を解説】 インスタのSpark ARを活用した企業事例をいくつかご紹介しましょう。 <H&M> ファストファッションとして大人気のアパレルブランドであるH&Mのインスタグラムフォロワー数は約3,500万人。H&MではSpark ARでARフィルターを提供しています。提供しているARフィルターの種類は、顔にネオンが反射して宇宙のような背景になるもの、顔に合わせて惑星が動くもの、3Dサングラスの画像が映って試着体験できるものなどがあります。ブランドの世界観を伝えながら、購買意欲を高めることができると話題です。 <ピュレグミ> エフェクトを選択して録画ボタンを押すと、顔を認識してARのエフェクトが流れます。エフェクトの指示に従いタイミングよく口を開けたり、ウインクしたりすると、最後に判定結果が表示される構成です。エフェクトの中でピュレグミ独特のシャリシャリ感や、もっちりした触感を自然に訴求しています。 <メルセデス・ベンツ> 大手高級自動車メーカーであるメルセデス・ベンツでは、インスタグラム公式アカウントでSpark ARのARフィルターを6種類提供。自分の顔を映すと頭の部分にヘルメットが表示されて、顔を動かすと後ろの背景が動くというARエフェクトが公開されました。実際にヘルメットを装着して、ベンツを運転しているかのような疑似体験を楽しむことができます。" More »

top bar
bottom bar

高性能なカメラ機能をもつスマホを安く購入する方法

"本来であればハイエンドモデルなど、高性能なカメラ機能をもつスマホというのは「10万円以上の本体価格」を支払わないと購入できません。 ハイエンドモデルの補足となりますが、ミドルレンジモデルと呼ばれる中間的な性能をもつモデルのワンランク上に相当するモデルです。スマートフォンの中には最新のモデルで「フラッグシップモデル」と呼ばれるものもありますが、このフラッグシップモデルはハイエンドモデルの中でも特に新しい、シリーズの代表格に対して使われているモデルのことです。 モデルには、「エントリーモデル、ミドルレンジモデル、ハイエンドモデル」が存在するのですが、ハイエンドモデルはこの中でも最上位に当たるモデルとなります。 また、ハイエンドモデルは安くなっても5,000円ほどしか安くならない・・・と言われていた時期がありました。ですが今では、このような概念もくつがえってきたのです。というのも、今では格安スマホの台頭によって、安くても性能のよいスマートフォンが増えてきたからです。 そこでハイエンドモデルにも「キャンペーン適用の対象モデル、キャンペーン適用なしでも10万円以内のモデル」が増えてきました。 ただし、普通にスマートフォンをショップで購入していると、新規キャンペーン、もしくは乗り換えキャンペーンが適用されるだけで、1万円以上のキャンペーンが見当たらない・・・なんてことがあります。 なぜ人によっては1万円以上の値引きがされるのか・・・というと、それは、「オンラインストア(オンラインショップ)を利用しているから」です。オンラインストアを利用した場合、まず事務手数料が値引きされるのですが、これによって1,000円以上の値引きが発生します。 しかも今では、「オンラインストア利用者用のキャンペーンも存在する」ため、オンラインストアでカメラ性能が高いスマートフォンを購入されるケースでも、事務手数料、オンラインストア利用キャンペーン、新規(乗り換え)キャンペーン、キャンペーン対象モデル購入による割引が適用されるケースがあるのです。 ハイエンドモデルの場合は2万円相当の割引となる・・・のですが、もっと安くカメラ性能が高いスマートフォンを購入する方法があります。 それは、「ミドルレンジモデルのキャンペーン対象モデル」を選択することです。ものにもよりますが、3万円ほど値引きされる形でほぼ0円でスマートフォンを購入することも不可能ではありません。 ただ注意して欲しいこともあります。それは、キャンペーン対象モデルを購入しても「円と同価値のポイントが加算されるだけ」・・・のケースです。 たとえば、事務手数料が1,000円以上値引きされるところは同じなのですが、対象モデルによってはポイントが2万ポイント加算されるだけで、本体価格は2万円を切らないケースもあるのです。なので、スマートフォンをオンラインストアで購入する際は、実際の料金を確認したうえで支払いを確定するようにしましょう。" More »

top bar
bottom bar

格安でも防水機能あり「OPPO A55s 5G」

"コストパフォーマンスが高いスマートフォンで、防水機能ありのスマートフォンを探している人には、「OPPO A55s 5G」がオススメです。 コストパフォーマンスが高いスマートフォンと言われるだけあって、同価格帯のスマートフォンの中では特に防水機能に力を入れているスマートフォンです。そもそもOPPOのスマートフォンは、格安スマホとして人気のスマートフォンが多数そろっているので、これからスマートフォンを格安で持ちたい人にオススメできます。 それほどの人気を誇るOPPO A55s 5Gですが、OPPO A55s 5Gには次のような特徴があるため人気です。 OPPO A55s 5Gは、「約6.5インチのフルHD+ディスプレイ」を採用しているスマートフォンのため、同価格帯のスマートフォンよりも美麗なグラフィックに力を入れている特徴があります。しかも、話題の「5G通信対応」しているスマートフォンのため、動画やオンラインゲームをサクサク楽しみたい人であれば、中々OPPO A55s 5G以上のものは見つからない可能性があります。 しかもOPPO A55s 5Gは、「AIを搭載している、デュアルカメラを採用、緊急時に役立つFMラジオ、充電が切れる心配をしなくてもよい4000mAhバッテリー搭載」のモデルとなっているため、スマートフォンの中でもとびきり優等生といっても過言ではありません。 気になるOPPO A55s 5Gの防水防塵機能ですが、OPPO A55s 5Gは「IP68相当の防水防塵機能あり」となっていますので、平均的なスマートフォンよりも防水防塵機能が高いのは確かです。平均的なスマートフォンの場合は、そもそも防水機能のみあり・・・で防塵機能なしのケースもあるので注意してください。 そして、OPPO A55s 5Gのスペックですが、詳細としては「リフレッシュレートが90Hz、5G対応モデル、OS ColorOS 11 based on Android 11、CPU Qualcomm Snapdragon 480 ... More »

top bar
bottom bar

iPhoneユーザー必見!iMovieの操作を徹底解説

"動画編集アプリは数多くありますが、iPhoneにデフォルトとして搭載されている「iMovie」は特別な技術や知識がなくても、誰でも簡単に動画を編集することができます。iPhoneユーザーであれば一度は使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか?今回はiPhoneユーザー必見の、iMovieの使い方をまとめてみましょう。まだiMovieを使ったことがない!という人もぜひトライしてみましょう。 【iMovieとは?】 iMovieとはiPhoneに付属された動画編集アプリのこと。iPhone以外にもiPadやMacなどApple社製品を購入した際には、既存で搭載されています。iMovieでは撮影した動画を取り込めば、トリミング、テロップ挿入など様々なエフェクトを使用して、オリジナリティあふれる動画を作成することが可能です。また操作方法さえ覚えてしまえば、初心者でも簡単にハイクオリティな動画を編集できますよ。もちろんデフォルト搭載されているので、ソフトは無料。動画編集を初めてやる!という人にもおすすめです。 【iMovieの基本的な使い方】 早速、iMovieの基本的な使い方をレクチャーしていきましょう。 <1、プロジェクトを作成し、取り込む動画を選択する> iMovieのアプリを開くと、【プロジェクト作成】の画面になるので、「+マーク」をタップします。新規プロジェクトの画面が立ち上がったら、「ムービー」をタップ。するとiPhone内に保存されている動画が表示されるので、取り込みたい動画を選択します。画面下部には選択した動画の数と合計時間も表示されるので、この時間を見ながら作成したいムービーの合計時間を考えるとよいでしょう。 <2、動画の向きを回転させる> 動画を取り込んだら早速動画編集のスタートです。まずは取り込んだ動画の向きを変更したい場合には向きを回転させます。プレビュー画面を2本指で触って、回転させたい方向に回しましょう。矢印のマークが画面上に表示されたら、動画の向きが変わるので、画面から指を離します。ちなみに変更できる角度は90度単位で、90度、180度、270度となっています。 <3、動画の長さを調整する> 動画を選択すると、黄色い線で対象の動画が囲まれます。動画の始まりと終わり部分は黄色い線が太くなっているので、お好みの長さに調整していきます。動画の始まる部分と、終わりの部分を中央の白い縦線に合わせていきましょう。白い縦線と動画の始まりの黄色い部分が交わっている箇所を指でスライドさせると、動画の長さの調整が可能です。動画の始まりを調整したい場合には、右にスライドさせましょう。逆に動画の終わり部分を調整したい場合には、左へスライドさせてください。 <4、動画の途中をカットする> 動画の途中部分をカットしたい場合はどうすればよいでしょうか?カットしたい箇所の始まりを白い縦線に合わせて、「分割」をタップしましょう。カットしたい部分を分割したら「削除」をタップすれば、動画の途中がカットされます。 <5、動画のつなぎ目の編集> いくつの動画を組み合わせて作成する場合には、動画と動画のつなぎ目が気になってしまうもの。そこで動画のつなぎ目を編集しましょう。動画と動画のつなぎ目はトランジションを設定できます。トランジションとは、動画と動画の切り替わり部分で違和感がなくなるようにエフェクトする機能のこと。トランジションを設定することで自然な動画に仕上がります。 動画と動画の間にはそれぞれ「|(縦線)」が入っており、トランジションを設定したい箇所に「|」を選択すると黄色い線で囲まれます。すると画面下部にはトランジションの種類が表示されるので、好きなトランジションを設定してみましょう。 ちなみにiMovieにあるトランジションは以下の通りです。 ・なし ・テーマ ・ディゾルブ ・スライド ・ワイプ ・フェード 種類もいくつかあるので、色々試してみるとよいでしょう。動画のシーンに合わせてトランジションを使い分けるとかっこいい動画を作成できますよ。 <6、動画の並び順を変更する> 取り込んだ動画の並び順を変えたい時にはどうすればよいでしょうか? 移動させたい動画を指で長押ししながら、そのまま移動したい先まで持っていきましょう。移動させたい場所まできたら指を離します。 <7、テキストの挿入> iMovieでは動画中にテキストを挿入することができます。テキストを挿入したい動画を選択して[T(テキスト)]をタップしましょう。テキストの種類が画面下部に表示されるので、好みのデザインを選択して、テキストを打ち込んでいきます。 iMovieのテキストの種類は以下の通りです。 ・デザインなし ・シンプル ・スタンダード ・プリズム ・グラビティ― ・リビール ・ラインタイトル ・エクスパンド ・フォーカス ・ポップアップ 種類豊富なので、こちらも動画の雰囲気に合わせて選ぶとよいでしょう。 またテキストの位置は、中央と下の2カ所から選択できます。 <8、サウンドを挿入する> iMovieではBGMや効果音などのサウンドを挿入できます。「+」をタップすると取り込む素材の保存先を選択する画面に移るので、「オーディオ」をタップ。 すると サウンドトラック:iMovieで用意されたBGM マイミュージック:iPhoneに保存されたBGM サウンドエフェクト:iMovieで用意された効果音 の3つから選択するようになります。 それぞれのサウンドの右にあるダウンロードマークをクリックすると、ダウンロードがスタートし完了するとサウンドが選択可能です。 <9、プロジェクト設定> 動画が出来上がったら最後にプロジェクト設定をしてみましょう。動画編集の画面で[歯車マーク]をクリックするとプロジェクト設定が可能です。 プロジェクト設定では以下のような設定ができます。 ・プロジェクトのフィルター ・プロジェクトのテーマ ・プロジェクトのBGM(自動でBGMを設定) ・黒からフェードイン(動画の始まりを暗くし徐々に明るくする) ・黒へフェードアウト(動画の終わりを徐々に暗くする) ・ピッチを速度に合わせる プロジェクト設定はしてもしなくてもOKです。 <10、動画を保存する> 出来上がった動画はiPhoneに保存しましょう。編集画面の左上にある[完了]をタップすると、タイトル入力の画面に移るので、タイトルを入力しましょう。 タイトルを入力したら[完了]をタップし、[共有ボタン]をタップすると、保存方法を選択できる画面になります。[ビデオを保存]を選択すればiPhone内に保存されます。作成した動画をYouTubeにアップロードしたい場合には、YouTubeのアイコンをタップすればOKです。" More »

top bar
bottom bar

これを知っておけば完璧!Foodieの基本的な使い方

"食べ物を美味しく撮影・加工できるカメラアプリとして人気の「Foodie」は豊富なフィルター数が魅力です。今回はFoodieの基本的な使い方と、知っておくと便利な使い方をレクチャーしましょう。 【Foodieの基本的な使い方】 Foodieの基本的な使い方をまとめてみましょう。 <写真/動画の撮影する方法> Foodieでは写真の他に動画の撮影も可能です。シャッターボタンの周辺をタップして、写真と動画を交互に切り替えてシャッターボタンをタップすれば、写真/動画を撮影できます。 また ・ボタンをタップする感覚で短くタップすると「静止画」の撮影 ・ボタンを長押しすると[動画]の撮影 になります。 <フィルターを変更する方法> 写真や動画にはフィルターをかけることができます。 写真や動画にかけるフィルターの数は豊富なので、違うフィルターに変更したい場合には、右下の[フィルターアイコン]をタップします。 フィルターが表示されるバーを左右にスライドして30以上あるフィルターの中から好みのものを選択しましょう。 どのフィルターもかけたくない!という場合には、[フィルターアイコン]の一番左にある「OR」を選択してください。 フィルターによっては違いがよく分からない…というものもありますが、「おすすめ」「フード」「人物」「室内」「風景」などカテゴリー別に分類されているので選択しやすいでしょう。 <フィルターの強弱を調整する方法> 選択したフィルターをもう1度タップすると、フィルターの調整バーが表示されます。 バーを左右にスライドすると、フィルタの強弱を変更できます。 <明るさを調整する方法> 画面をタップすると、[フォーカス]と[明るさ]の調整が可能です。 暗いところをタップすると明るくなり、明るいところをタップすると暗い雰囲気になります。 手動で明るさを調整したい場合には、写真をタップして右側に表示される調整バーを上下に移動させましょう。 そうすると明るさが調整できますよ。 <写真をぼかす方法> メニューバーの左から2番目の[しずく型]のアイコンをタップするとぼかしをかけた撮影ができます。 この[ぼかし機能]は、カメラが映している映像に対して、リアルタイムでぼかしを入れることができます。 ただこの場合、ぼかしの場所・範囲・強弱の調整は不可。 撮影後の編集画面で細かいぼかしの調整ができます。 一般的なカメラアプリでは、撮影後にぼかしを入れることができるものが多いですが、Foodieの場合は実際に撮影中に画面を見ながらぼかしを入れることができるのでとても便利です。 <サイズの変更方法> 撮影するサイズや縦横比を変えたい!という場合には、メニューバーの右から2番目にある[□マーク]のアイコンをタップします。 アイコンをタップするごとに[1:1]の正方形と[3:4]の縦長に切り替われます。 <ズームして撮影する方法> カメラプレビューの下に表示される[ズームバー]を操作すれば、ズームした撮影が可能です。 <エフェクト加工する方法> Foodieでは[エフェクトボタン]を押すと、「美肌」「小顔」「デカ目」「痩せ鼻」の4つエフェクト加工が可能です。 それぞれのエフェクトを選択すれば、画面下部に横に伸びるバーが現れるので、バーを左右に動かすことでエフェクトのかかり具合を調整できます。 ・美肌 美肌エフェクトを選ぶと、肌にぼかしのエフェクトが入るので、肌の凹凸がなめらかになります。 ・小顔 小顔エフェクトを選ぶと、顎ラインをシャープにすることができます。 ・デカ目 デカ目エフェクトを選ぶと、目を大きくすることができます。ただし限度があるため極端に大きくすることは難しいでしょう。 ・鼻痩せ 鼻痩せエフェクトをかけると、鼻だけを見事に小さくすっきりと見せることができます。" More »

top bar
bottom bar

高品質なゲーミングスマホの見分け方

"高品質なゲーミングスマホには特徴があります。大きく分けてディスプレイ、音質の2つが強化されているため、ハイスペックスマートフォンと呼ばれているものより、ゲームアプリプレイ時に真価を発揮するモデルが多くあるのです。 なぜディスプレイ性能がよいゲーミングスマホはよいゲーミングスマホなのか・・・というと、それは、「解像度、リフレッシュレートがよい」からです。解像度とは映像の美しさのことだと思ってください。 たとえば、ゲームアプリそのもののグラフィックスがすぐれていたとしても、肝心のディスプレイがよくない場合は、グラフィックスを表現しきれないのです。つまり、ゲームアプリプレイ時に感動するような場面でも、映像がクッキリ表現されない・・・ためにガッカリしたなんてこともありえるのです。 そのため、ゲーミングスマホと呼ばれているモデルの多くは、グラフィックスやディスプレイの強化に余念がありません。 リフレッシュレートとは「映像のなめらかさ」のことだと思って問題ありません。格闘ゲーム、FPSのような一瞬のコマンドの精密さを要求されるゲームアプリの場合は、リフレッシュレート120以上のものが人気となっているので、こちらを知っているだけでも、自分好みのゲーミングスマホを選べるようになります。 解像度の補足となりますが、フルHDと呼ばれているもので「1920x1080」、フルHD以上の解像度では「1920x1200」のものが人気となっています。2K以上の解像度に対応しているゲーミングスマホもありますが、一般的なゲームアプリをプレイされる場合はフルHD HDあたりで妥協するのも賢明でしょう。 そして、よいゲーミングスマホを探しているのであれば、「サウンド性能」もチェックするようにしましょう。最新のゲーミングスマホでは、「立体音響に対応しているかどうか」がカギとなります。 ゲーミングスマホに搭載されているサウンド性能では、「Dolby Atmos、aptX、ハイレゾ」対応のモデルを選ばれることで、最新のサウンド性能を搭載しているゲーミングスマホを購入できるのですが、どれも同じような機能ではないので注意してください。 Dolby Atmosは音を三次元で捉えられるのが特徴です。レースゲームやFPSなど、大きな音が鳴り響くゲームアプリで真価を発揮することが多いです。 サウンド性能が高いと評価されることの多いハイレゾは、音の情報を高密度に記録できる特徴があります。そのため、ゲームアプリのBGMが素晴らしい作品をプレイする場合は、ハイレゾ音源対応のゲーミングスマホを選ばれるとよいでしょう。 ほかにも「aptX」というサウンド性能もあるのですが、こちらはAndroidスマホに対応しているサウンド性能なので注意してください。つまり、無難なサウンド性能のモデルを選ぶ場合はハイレゾ音源対応モデルがオススメとなります。 そのほかのポイントとしては、「スピーカーが前面に2つあるゲーミングスマホ」を選ばれるとよいです。迫力あるサウンドを聴けるようになるので、今では、ゲーミングスマホ選びのポイントとしても知られています。" More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「BLU G91 MAX」とは?

"5Gスマートフォンは大容量の高速通信が可能ですし、通信の遅延が発生しにくくて多くの端末を同時多接続することができます。 その5Gに対応しているスマートフォンは海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「BLU G91 MAX」という5Gスマホがあり、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイ、多くのゲームでは快適レベルで遊ぶことができる高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。 この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約168ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約213gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブルーの2色が用意されています。 ディスプレイは解像度FHD+ 2460×1600でアスペクト比20.5:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電や10Wのワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはMediaTek Helio G95 2.05GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。 カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+望遠レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。 また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、プロフェッショナルモード、デュアルトーンLEDフラッシュなどの機能がついています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「Xiaomi Redmi Note 11E Pro」とは?

"ビジネスシーンで5Gを利用するには多少の設備投資が必要となりますが、オンライン会議や商談などがスムーズに行えますのでメリットを優先して取り入れる企業も増えています。 その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi Note 11E Pro」という5Gスマホがあり、高コントラストかつシャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや至近距離からの接写が可能な高性能カメラ、高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPUや長時間使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。 価格はRAM6GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/128GBモデルが約35000円でRAM8GB/256GBモデルが約39000円になっています。 この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約202gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはライトブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。 ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。 カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

3万円台で購入できるスマートフォンとは思えない性能をもつ「Redmi Note 10 JE」

"スマートフォンのコストパフォーマンスだけでなく、スペックについても妥協したくない人にオススメなのが、「Redmi Note 10 JE」です。 Redmi Noteシリーズは今まで高い人気を誇るスマートフォンのため、リーズナブルな価格だけれど、性能がいまひとつ・・・といった問題点もありません。これはRedmi Note 10 JEも同じです。 Redmi Note 10 JEは2021年8月に発売されたモデルなのですが、2021年製のスマートフォンの中では、スマートフォンランキングでも上位にランクインすることの多いスマートフォンでした。 なぜこれほどの人気をRedmi Note 10 JEは有しているのか・・・というと、それは、「今ではトレンドになっている機能、オプションをほぼすべて持つスマートフォン」だからです。 今ではトレンドになっている機能とは、具体的には「5G対応モデル、おサイフケータイ機能あり、防水防塵機能あり」の3種でしょう。日本国内でも2021年から5G対応モデルを意識して購入するユーザーが増えてきました。今のところ5G対応エリアは広くありませんが、日増しに国内外で5G対応モデルの新機種が増えているため、価格競争も含めて多くの支持が集まっています。 しかもRedmi Note 10 JEはスペックも悪くありません。Redmi Note 10 JEの詳細スペックですが、「発売日が2021年8月13日、カラーはクロームシルバー・グラファイトグレー、内蔵メモリはRAM4GB、ROM64GB、サイズは163×76×9mm、画面サイズは6.5インチの2,400×1,080(FHD+)」となっておりますので、ミドルレンジモデルでよくみられるスペックが凝集しているスマートフォンです。 そのため、ほかのスマートフォンよりも購入した後に、価格や機能について妥協しなくてよいスマートフォンとして、Redmi Note 10 JEをオススメすることができます。 Redmi Note 10 JEのそのほかのスペックですが、「カメラ性能がメインカメラ:4,800万画素、インカメラ:800万画像、5G対応モデル、防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、ハイレゾ音源対応、バッテリー容量は4,800mAh」です。 ミドルレンジモデルでよくみられるバッテリー容量が3,000mAhほどしかない・・・という問題はなく、しかも、Redmi Note 10 ... More »

top bar
bottom bar