Find us on Facebook Follow us on Tiwtter Subscribe Feed

高品質なゲーミングスマホの見分け方

"高品質なゲーミングスマホには特徴があります。大きく分けてディスプレイ、音質の2つが強化されているため、ハイスペックスマートフォンと呼ばれているものより、ゲームアプリプレイ時に真価を発揮するモデルが多くあるのです。 なぜディスプレイ性能がよいゲーミングスマホはよいゲーミングスマホなのか・・・というと、それは、「解像度、リフレッシュレートがよい」からです。解像度とは映像の美しさのことだと思ってください。 たとえば、ゲームアプリそのもののグラフィックスがすぐれていたとしても、肝心のディスプレイがよくない場合は、グラフィックスを表現しきれないのです。つまり、ゲームアプリプレイ時に感動するような場面でも、映像がクッキリ表現されない・・・ためにガッカリしたなんてこともありえるのです。 そのため、ゲーミングスマホと呼ばれているモデルの多くは、グラフィックスやディスプレイの強化に余念がありません。 リフレッシュレートとは「映像のなめらかさ」のことだと思って問題ありません。格闘ゲーム、FPSのような一瞬のコマンドの精密さを要求されるゲームアプリの場合は、リフレッシュレート120以上のものが人気となっているので、こちらを知っているだけでも、自分好みのゲーミングスマホを選べるようになります。 解像度の補足となりますが、フルHDと呼ばれているもので「1920x1080」、フルHD以上の解像度では「1920x1200」のものが人気となっています。2K以上の解像度に対応しているゲーミングスマホもありますが、一般的なゲームアプリをプレイされる場合はフルHD HDあたりで妥協するのも賢明でしょう。 そして、よいゲーミングスマホを探しているのであれば、「サウンド性能」もチェックするようにしましょう。最新のゲーミングスマホでは、「立体音響に対応しているかどうか」がカギとなります。 ゲーミングスマホに搭載されているサウンド性能では、「Dolby Atmos、aptX、ハイレゾ」対応のモデルを選ばれることで、最新のサウンド性能を搭載しているゲーミングスマホを購入できるのですが、どれも同じような機能ではないので注意してください。 Dolby Atmosは音を三次元で捉えられるのが特徴です。レースゲームやFPSなど、大きな音が鳴り響くゲームアプリで真価を発揮することが多いです。 サウンド性能が高いと評価されることの多いハイレゾは、音の情報を高密度に記録できる特徴があります。そのため、ゲームアプリのBGMが素晴らしい作品をプレイする場合は、ハイレゾ音源対応のゲーミングスマホを選ばれるとよいでしょう。 ほかにも「aptX」というサウンド性能もあるのですが、こちらはAndroidスマホに対応しているサウンド性能なので注意してください。つまり、無難なサウンド性能のモデルを選ぶ場合はハイレゾ音源対応モデルがオススメとなります。 そのほかのポイントとしては、「スピーカーが前面に2つあるゲーミングスマホ」を選ばれるとよいです。迫力あるサウンドを聴けるようになるので、今では、ゲーミングスマホ選びのポイントとしても知られています。" More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「BLU G91 MAX」とは?

"5Gスマートフォンは大容量の高速通信が可能ですし、通信の遅延が発生しにくくて多くの端末を同時多接続することができます。 その5Gに対応しているスマートフォンは海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「BLU G91 MAX」という5Gスマホがあり、初心者でも簡単にキレイな写真が撮影できる高性能カメラや動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイ、多くのゲームでは快適レベルで遊ぶことができる高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。 この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約168ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約213gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレーとブルーの2色が用意されています。 ディスプレイは解像度FHD+ 2460×1600でアスペクト比20.5:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電や10Wのワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはMediaTek Helio G95 2.05GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。 カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+望遠レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。 また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、プロフェッショナルモード、デュアルトーンLEDフラッシュなどの機能がついています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「Xiaomi Redmi Note 11E Pro」とは?

"ビジネスシーンで5Gを利用するには多少の設備投資が必要となりますが、オンライン会議や商談などがスムーズに行えますのでメリットを優先して取り入れる企業も増えています。 その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi Note 11E Pro」という5Gスマホがあり、高コントラストかつシャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや至近距離からの接写が可能な高性能カメラ、高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPUや長時間使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。 価格はRAM6GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/128GBモデルが約35000円でRAM8GB/256GBモデルが約39000円になっています。 この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約202gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはライトブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。 ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。 カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

3万円台で購入できるスマートフォンとは思えない性能をもつ「Redmi Note 10 JE」

"スマートフォンのコストパフォーマンスだけでなく、スペックについても妥協したくない人にオススメなのが、「Redmi Note 10 JE」です。 Redmi Noteシリーズは今まで高い人気を誇るスマートフォンのため、リーズナブルな価格だけれど、性能がいまひとつ・・・といった問題点もありません。これはRedmi Note 10 JEも同じです。 Redmi Note 10 JEは2021年8月に発売されたモデルなのですが、2021年製のスマートフォンの中では、スマートフォンランキングでも上位にランクインすることの多いスマートフォンでした。 なぜこれほどの人気をRedmi Note 10 JEは有しているのか・・・というと、それは、「今ではトレンドになっている機能、オプションをほぼすべて持つスマートフォン」だからです。 今ではトレンドになっている機能とは、具体的には「5G対応モデル、おサイフケータイ機能あり、防水防塵機能あり」の3種でしょう。日本国内でも2021年から5G対応モデルを意識して購入するユーザーが増えてきました。今のところ5G対応エリアは広くありませんが、日増しに国内外で5G対応モデルの新機種が増えているため、価格競争も含めて多くの支持が集まっています。 しかもRedmi Note 10 JEはスペックも悪くありません。Redmi Note 10 JEの詳細スペックですが、「発売日が2021年8月13日、カラーはクロームシルバー・グラファイトグレー、内蔵メモリはRAM4GB、ROM64GB、サイズは163×76×9mm、画面サイズは6.5インチの2,400×1,080(FHD+)」となっておりますので、ミドルレンジモデルでよくみられるスペックが凝集しているスマートフォンです。 そのため、ほかのスマートフォンよりも購入した後に、価格や機能について妥協しなくてよいスマートフォンとして、Redmi Note 10 JEをオススメすることができます。 Redmi Note 10 JEのそのほかのスペックですが、「カメラ性能がメインカメラ:4,800万画素、インカメラ:800万画像、5G対応モデル、防水機能あり、おサイフケータイ機能あり、ハイレゾ音源対応、バッテリー容量は4,800mAh」です。 ミドルレンジモデルでよくみられるバッテリー容量が3,000mAhほどしかない・・・という問題はなく、しかも、Redmi Note 10 ... More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「DIGNO SANGA edition」とは?

"5Gに対応しているスマートフォンは、4Gスマホよりも高速大容量通信や低遅延を実現させていますので、いつでもどこでもリアルタイムでも快適に楽しむことができます。 その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「DIGNO SANGA edition」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラや動きの激しいゲームや動画なども滑らかに再生する高精細大型ディスプレイ、5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPUや思う存分楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。 この5Gスマホのボディサイズは幅約69ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約166gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープルが用意されています。 ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.1インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。 カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1600万画素+広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。 また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、HDR、LEDフラッシュ、プロフェッショナルモード、ハイブリッド光学ズーム、パノラマモード、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12で背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IPX5/IPX8 IP6X)耐衝撃やイヤホンジャック、ステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

auの5Gサービスをまとめてみよう!

"auでは2020年から5Gサービスが提供されています。2022年現時点でも5Gが利用できる場所は限られている現状ですが、利用できるエリアは日々拡大しています。今回はauの5Gの速度、エリア、対応機種などをまとめてみましょう。 【auの5Gのエリアは?】 auでは従来型の4G向けプランだけではなく、5Gのプランも提供されています。第5世代移動通信システムの略である5Gは、4Gと比べて高い通信速度が魅力です。スマホの場合、5Gであればアプリのダウンロード、動画読み込みなどが4Gに比べてスムーズに行えます。 また5Gは通信時の遅延が少なく、スピーディーにデータを送受信できるのも魅力。5Gが今後普及すれば将来的に自動運転車、ライブ中継、スポーツなど様々な場面で活用されることが期待されているのです。 auの5Gエリアは東京都であれば中央区、千代田区、港区、新宿区、豊島区、品川区などが対象となっています。つまり都心部であれば5Gに対応しているというわけです。ただ江東区、練馬区、杉並区などや23区外では非対応のエリアもまだまだたくさんあります。 【auの5Gプランの通信速度】 auの5Gプランでは下り最大4.1Gbps・上り最大481Mbpsに対応しています。ちなみに対応機種や利用するエリアによって、5Gの速度の上限は違ってきます。例えば上り最大481Mbpsに対応する機種はXperiaやGalaxyなどのAndroidです。 (そういえば、本日Galaxy S22 Ultraがauとドコモで発売されました。筆者は予約ゲット!近いうちにレビューも報告します。) 【auの5G対応料金プラン】 au,では最新の料金プラン「使い放題MAX」や「ピタットプラン」でも5Gが提供されています。4Gプランもありますが、5Gプランと基本的に料金設定は変わりません。4Gだから安い、5Gだから高いということがないので安心ですね。 またauがweb受付専用で展開している格安料金プラン「povo」においても2021年9月から5Gに対応していますよ。それぞれのプランについてまとめてみましょう。 <使い放題MAX5G> auの使い放題MAX5Gは月間の通信量に上限がない使い放題のプランになります。ただデザリング、データシェア、海外での通信に関しては最大30GBの上限があるので注意が必要です。基本的な部分はデータ容量を使い放題なので、動画やゲームなども通信量を気にすることなく、自由に楽しめます。通常の月額料は7,236円ですが、家族割プラス、auスマートバリュー、auPAYカード支払い割など各種割引を適用すると4,928円まで価格を下げることが可能です。通信量を気にせずにたっぷりと使いたい方におすすめのプランと言えるでしょう。 <ピタットプラン5G> プタットプラン5Gは、毎月使用した通信量に応じて月額料金が変化するプランです。通信量の上限は7Gで、~1GBの場合、~4GBの場合、~7GBの場合で料金が変化します。割引を駆使して利用すれば、1GB未満であれば月額2,178円という安さです。 上限は7Gと少なめなので、普段からあまりスマホを使用しない人、外出時に動画やゲームなどをする機会がほとんどないという人におすすめです。ちょっとした調べものをしたい、SNSを利用したいというくらいの人にちょうどよいかもしれませんね。 【5Gを利用するには対応のスマホ端末を用意しよう】 auで5Gを通信するためには、所有するスマホ端末が5Gに対応していなければなりません。5Gに対応していない端末の場合、エリア対象内であっても5G通信になることはないのでご注意ください。auではたくさんの5G対応の端末を取り扱っており、2万円台のリーズナブルな端末から20万円を超える高級端末まで揃っています。"参照 More »

top bar
bottom bar

5G対応スマホの「vivo X70t」とは?

"4Gでは多くのデバイスなどを同時接続したら安定した通信が行えない時もありましたが、5Gなら接続機器数が多くても安定していますのでスマホを思い通りに楽しめると思います。 その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo X70t」という5Gスマホがあり、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーや負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPU、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。 価格はRAM8GB/128GBモデルが約57000円でRAM8GB/256GBモデルが約63000円でRAM12GB/256GBモデルが約68000円になっています。 この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約181gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。 ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.56インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。 CPUはSamsung Exynos 1080 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。 カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4000万画素+広角レンズがついた約1200万画素+ポートレート撮影できる約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。 こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。" More »

top bar
bottom bar

インスタ用の動画を作成したい人必見!動画編集アプリ「Inshot」では何ができる?

"動画編集ができるアプリは数多くありますが、インスタグラムにアップする動画を編集したいのであれば「Inshot」がおすすめです。Inshotはインスタグラムとの連携に特化した動画編集アプリとして人気を集めています。ここではInshotの魅力に迫ってみましょう。 【Inshotとは?】 Inshotは数ある動画編集アプリの中でも、インスタグラムとの連携に特化しています。インスタグラムでの表示に最適な正方形のトリミングや編集がとっても簡単にできてしまうアプリです。もちろんインスタグラム以外にも、Twitter、WhatsAppなどのソーシャルアプリでの共有もでき、YouTubeにも対応しています。さらにInshotではテキストや音楽、エフェクトの追加やフィルタ加工もできますし、トランジションの設定も可能。パソコン並みの機能が備わっているので、スマホでの動画編集でもハイクオリティなものが作られるでしょう。 さらにInshotの魅力と言えば操作が簡単なこと。基本的にはタップとスワイプ操作だけで編集できるので、難しい操作は一切なし。動画編集の経験がない…という初心者でも気軽に動画編集が楽しめるでしょう。 【Inshotの基本的な動画編集方法とは?】 Inshotで行える基本的な動画編集についてまとめてみましょう。 <トリミング> トリミングとはカット編集の1つであり、どこからどこまでの動画を使いたいか始点と終点を決めて、不要な箇所を削除する編集方法です。InshotはTwitterにアップする時など、時間調整したい場合に向いていますよ。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「トリミング」ボタンをタップする 2、トリミングしたい箇所を選択する画面に移行したら、左右にスワイプして動画の視点と終点を設定する 3、動画として使いたい箇所を選択して、[チェックマーク]をタップする 4、トリミング完了 <カット> カットとは選択した箇所の動画を削除する編集です。トリミングでは冒頭と終わりの部分しか削除できませんが、カットであれば中間部分の不要箇所を削除できます。複数の動画をつなぎ合わせて1つの動画を作成する際には、カット機能が有効です。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「トリミング」ボタンをタップする 2、「カット」ボタンを選択して、削除したい箇所を挟むようにスワイプ操作で調整する 3、トリミングとは違い、残したい箇所ではなく【削除したい箇所】を選択する 4、[チェックマーク]を押せば完了 <スプリット> スプリットと動画を2つに分割すること。前後で異なるエフェクトやフィルター加工をしたい場合に活用します。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「トリミング」ボタンをタップする 2、分割したい位置を決めて[チェックマーク]をタップする 3、複数に分割したい場合には[複数スプリット]を選択することで何分割にもできる <サイズ変更・ズームイン> 動画の比率を1:1や16:9など好みの比率に変更することができます。このサイズ変更はインスタグラムやインスタのストーリーなどにアップする場合、投稿先のサイズに合わせることができるので活用できる機能です。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「キャンバス」を選択する 2、動画の比率を投稿先のサイトに合わせて変更する 3、画面をピンチすればズームインして、倍率を変更することも可能 ちなみに変更できるサイズ比率は1:1、4:5、16:9(YouTube)、9:16(インスタストーリー)などがあります。どのSNSに投稿するかによって比率を変えるとよいでしょう。 <フィルタ加工> フィルタ加工でコントラストを調整すると、動画の雰囲気がガラリと変わります。おすすめのフィルタは「CINEMA」シリーズ。色のコントラストを大きくできるので、人物や物体のメリハリがついて、映画のワンシーンのような仕上がりになります。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「フィルタ」ボタンを選択する 2、好きなフィルタを選択して[チェックマーク]をタップする Inshotには無料で使用できるフィルタもたくさんありますが、課金することでよりたくさんのフィルタ加工を楽しめます。 <音楽追加> Inshotにはアプリ内に収録されているBGMや、自身のスマホに保存されている音楽を動画に追加することができます。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「音楽」を選択する 2、動画のBGMに使用したい音楽を選び「用いる」をタップする 動画に入れた音楽、効果音は長押しすると、どのシーンから音楽を流すのかを調整できます。初めから流すだけではなく、途中からBGMを入れるなど様々な使い方ができるでしょう。 <テキスト追加> Inshotでは好きな文字を入力することができます。色やフォントの変更はもちろん、テキストに動きを付けることもできますよ。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「テキスト」を選択する 2、好きな文字を入力して、好みの色、フォントに変更する 3、[チェックマーク]をタップして完了 カラーバリエーションやモーションは豊富にあるので、色々試してみるとよいでしょう。 <ステッカー追加> 動画にステッカーを貼り付けると顔を隠すこともできますし、華やかな演出にぴったりです。またInshotには動くステッカーも収録されていて、ポップなデザインが豊富。TikTokに投稿する動画作成にぴったりです。やり方は以下の通りです。 1、動画編集ページの「ステッカー」ボタンをタップする 2、好きなステッカーを選択して動画内のどこに貼るのか位置を決める 3、ステッカーの位置を確認し、問題なければ「チェックマーク」をタップする ステッカーは大きさや表示時間を調整することもできるので、スワイプ操作で調整してみましょう。 " More »

top bar
bottom bar

iPhoneに搭載されている動画編集アプリ「iMovie」の魅力とは?

"スマホの性能は年々進化しており、スマホカメラで撮影した動画が映画並みのクオリティになることもあります。今回はiPhoneにデフォルトで搭載されている動画編集アプリ「iMovie」の特徴やメリット・デメリットをご紹介しましょう。 【iMovieとは?】 iMovieはiPhoneに搭載されている動画編集アプリで、専門的な知識がなくても簡単に映画並みの動画を作成できると人気を集めています。iPhoneの他にもiPadなどApple社製品にプリインストールされているので見たことがあるという人も多いでしょう。 撮影した画像をiMovieに取り込むと、アニメーションやエフェクトなどを使用して動画を簡単に編集することができます。まるでプロが作った動画のように、音楽を載せたり、テロップを入れたりすることも簡単にできてしまうのです。 せっかく動画を撮影したのに、そのまま見直す機会がない…という人も多いはず。しかしiMovieをうまく活用すれば、間延びした動画でもおしゃれな編集ができるのでおすすめですよ。見せたいシーンをトリミングして、ダイナミックなBGMを流して、字幕を表示させればびっくりするほど素敵な動画に仕上がります。ぜひ試してみましょう。 【iMovieの連携】 iMovieはApple製品に搭載されているアプリなので、MacとiPhone端末同士での連携ができます。例えばiPhoneで撮影した動画をMacで編集したいという場合、iMovieを共有することで簡単に行えるわけです。iPhone、iPadなど他のApple端末でももちろん連携は可能。ただ連携させる端末同士のiMovieのバージョンが同じでなければならないのでその点は注意しましょう。 【iMovieのメリット、デメリットとは?】 iMovieを使うとどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?それぞれまとめてみましょう。 <メリット> iMovieはApple製品であれば最初から搭載されているので、わざわざインストールする必要もなく、他の編集ソフトを探す手間が省けます。気軽に動画編集できるという大きなメリットがあるでしょう。またiMovieは標準機能が豊富なので、動画編集に慣れていない人でも簡単に操作できます。また簡単でありながら、ハイクオリティな動画編集ができるのも特徴です。 <デメリット> iMovieでは文字を画面上に挿入する機能が搭載されているものの、形式に制限がある点がデメリットと言えるでしょう。またフォントの種類に関しても、他のツールと比べると少なめ。動画上でテキストをしっかりと目立たせたい!という人にはあまりおすすめできません。またiMovieはWindowsやAndroidでは使用できないという点も大きなデメリットと言えるでしょう。" More »

top bar
bottom bar

若年層ユーザーが安心・快適に利用するためのインスタグラムの対策とは?

"インスタやTwitterなど SNSプラットフォームは日々アップデートを繰り返しており、すぐに便利な新機能が登場します。今回は2021年に登場したインスタグラムから提供された新機能についてまとめてみましょう。 【好きなリール動画とコラボが出来ちゃう「リミックス」】  2021年3月に登場したリミックス機能は、既存のリール動画に合わせて動画を撮影することで、コラボレーションしたり、リール動画を投稿できたりする新機能です。インスタグラムのインフルエンサーの動画や自分が作ったリール動画など、元ネタを利用することで、簡単に動画制作・投稿できるようになります。簡単に制作できるだけではなく、様々なコラボレーションが可能であり、インスタグラム上で新しいムーブメントを起こすのではと期待されています。 リミックスのやり方は以下の通りです。 1、リミックスしたいリール動画の画面上の「…」から「この動画をリミックスする」を選択する 2、画面が2分割され、選択したリール動画と新しく撮影する動画が同時に表示される 【広告配信が可能となったリール】 2020年に登場したリールは、ショート動画に特化した機能です。インスタグラム上で短縮動画ニーズが高まったことでリリースされた機能になりますが、2021年にはこのリール機能がさらにパワーアップしています。2021年6月からはリールでも、ストーリーズと同じように広告が配信できるようになりました。ユーザーが投稿したオーガニック動画の合間に表示される広告は、最大30秒までの動画広告出稿が可能となっています。その広告にコメントを残したり、いいね!やシェアしたりすることが可能です。 【保護者のためのインスタフラムガイドを一新】 SNSが普及したことによって、SNSに関連するトラブルや犯罪が増えています。特に若年層利用者のトラブルは数が多く、若年層利用者の保護が重要な課題です。インスタグラムでは2021年3月に保護者のためのインスタグラムガイドを一新。これはインスタフラムを利用する子供を持つ保護者に対して、安心・安全に利用するために活用するべき機能を紹介したガイドです。新たに追加された機能の使い方や説明はもちろん、トラブルが起きた時に利用できるwebサイト情報や、セキュリティ関連の設定方法なども記載されているので保護者は必見。 さらにインスタグラムでは若年層利用者が安心して利用できるように ・若年層(16歳以下)のユーザーのアカウントをデフォルトで非公開設定にする ・悪質と思われるアカウントが、若年層のアカウントを見つけにくくする ・若年層(18歳未満)のユーザーに対する企業の広告ターゲティングを制限する など様々な対策を実施しています。インスタグラムは若年層ユーザーが安心・快適に利用できるように、様々な工夫を打ち出しています。" More »

top bar
bottom bar